読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発合宿行ってきた

いつも一緒に活動してるメンバー5人で、久々に開発合宿してきましたー

今回は「勉強したい技術を使って、何か作ってみる」をテーマとして、1泊2日。場所は伊東の山喜旅館。両日とも会議室を貸し切ることができたので、快適なネット環境の元、集中して開発できました

事前準備

場所と日時を決める

まずはメンバーの都合が合う日程を伝助とかで調整して、その後合宿会場を予約。今回は伊東の山喜旅館にしました。開発合宿では「チェックイン、チェックアウトの時間」が問題になりやすいのですが、山喜旅館は会議室があって1時間1000円くらいで予約できました。チェックインしてない時間は、この会議室を予約することで、開発の時間を多くとれました

www.ito-yamaki.jp

旅館のホームページ、いい感じです

テーマ・タイムテーブル決める

今回は「勉強したい技術を使って、何か作ってみる」をテーマにしました。また、タイムテーブルは事前に決めて共有しておくと、当日はかどる。ということで今回はこんな感じにしました。

1日目

時間 内容
10:00 - 12:00 開発
12:00 - 13:00 ランチ
13:00 - 15:00 開発
15:00 - 15:30 部屋へ移動
15:30 - 19:00 開発
19:00 - 20:30 夕飯
20:30 - フリータイム

開発時間:7.5h

2日目

時間 内容
8:00 - 10:00 起床、朝食 、チェックアウト
10:00 - 12:00 開発
12:00 - 13:00 ランチ
13:00 - 14:00 開発
14:00 - 15:00 成果発表!
15:00 - 解散!

開発時間:3h

技術調査をしておく

当日開発に集中するために、ある程度技術調査というか勉強はしておく。自分はswiftiosアプリを作りたかったので、以下のようなことをしておきました

当日の様子

f:id:maeharin:20150314103040j:plain

f:id:maeharin:20150314151224j:plain

f:id:maeharin:20150314124225j:plain

f:id:maeharin:20150314160928j:plain

f:id:maeharin:20150314191002j:plain

f:id:maeharin:20150315100600j:plain

f:id:maeharin:20150315124034j:plain

f:id:maeharin:20150315140608j:plain

f:id:maeharin:20150315140946j:plain

振り返り

  • よかった点
    • wifi完備の会議室を長い時間予約できたので、開発環境は問題なし
    • 成果物発表を目標にしたので、集中できた
    • 事前にタイムテーブル作っておいたので、スムーズ
  • 反省点
    • 旅館の部屋、隙間があって寒かった
    • 帰りの電車調べてなくて混乱した。(自由席がない特急が来て待ち時間無駄になった)
    • 個人的には、もう少し事前にiosチュートリアルやっておけばよかった