読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆーすけべーさんの初心者向けエントリ(データ表現)を、phpで練習してみた

最近初心者向けに素敵な情報を公開してくれている、ゆーすけべーさんのブログで、データ構造をperlで解説していたが、自分はphpがメインなので、書き直してみた。

ポイントは、「データ」と「処理」を頭の中で明確に分けること。料理でいうと、仕込んで(データ)、調理する(処理)イメージ。

スカラー

<?php        
//データ                                                                                                                                  
$number1 = 3;
$number2 = 4;
$result = $number1 + $number2;

//処理
echo $result;

配列

<?php
//データ
$foods = array('ラーメン', '寿司', 'カレー', 'スパゲッティ', 'ステーキ');

//処理
foreach ($foods as $v) {                                                                                                                       
  echo 'I like ' . $v . "\n";
}

連想配列

<?php
//データ
$ore = array(
  'name' => 'maeharin',
  'tall' => 169 
);

//処理
echo $ore['name'] . 'の身長は' . $ore['tall'] . "\n";

配列+連想配列

<?php
//データ
$people = array(
  array(
    'name' => 'Kさん',
    'tall' => 160
  ),
  array(
    'name' => 'Yさん',
    'tall' => 182
  ),
  array(
    'name' => 'Tさん',
    'tall' => 148
  )
);                                                                                                                                             

//処理
foreach($people as $k => $v) {
  echo $v['name'] . 'の身長は' . $v['tall'] ."\n";
}

配列+連想配列+配列

<?php
//データ
$people = array(
  array(
    'name' => 'Kさん',
    'foods' => array('カレー', 'ラーメン')
  ),
  array(
    'name' => 'Yさん',
    'foods' => array('ハンバーガー', '牛丼', 'チキン')
  ),
  array(
    'name' => 'Tさん',
    'foods' => array('サラダ')
  )
);

//処理
foreach ($people as $key => $v) {
 foreach ($v['foods'] as $food) {
  echo $v['name'] . 'likes' . $food . "!!\n";
 }
}   

新しい言語を覚えるときは、こういった事を数日練習するようにすれば、吸収が早いと思った。